まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

うちの37段の階段と7キロの掃除機

今日から学校と会社が始まり

まず掃除。やっぱり階段からかね

この家の場合

 

うちの家は とっても古い

建てられたのは まだドイツが

プロイセンだった頃 

なので恐ろしく不便だ

 

まず 何度も書いてしつこいが

無駄に天井が高い

昔の町の家は天井の高さが富の象徴、

ってことで この家の天井も 今時の家のより

やっぱり高い。

 

うちは建物の2、3階部分を使っているのだが

玄関を開けると いきなり階段

18段ある

2階から3階に行く階段は19段ある

合計37段。

 

日本の平均階段数は1階につき13段らしい

それでいくと この家の階段はほぼ4階建分だ

1階分の材料の なんと無駄なことよ

 

玄関まで やたら縦に遠い

f:id:himbeere:20190108021740j:image

そんでまた、今時の階段って

足を乗せる板だけで

段と段の間に何もないのも多く

掃除が楽そう。広々として見えるし

テクノロジーの発達、素晴らしいね

 

でもこの古い階段は がっしり全面

段と段の間にも板があり

階段拭き掃除、地味に疲れる

 

でも拭き掃除より 掃除機の方が疲れる

うちのは ドイツ人が大好きなシーメンス

重さ7キロだ。選んだのは もちろん夫

 

もういい加減に デカイ、重い、固い がいい

というの どうにかならないかなぁ

確かに車は 衝撃に強そうな

デカイ、重いがいいかも と思うけど

掃除機だよ? 一体どんな衝撃が?

衝撃があるとしたら デカく重過ぎるため

小回りが効かず あちこちブツけるとか

 

性能とデカイ、重い、固い はまた別 と

ドイツ人消費者に理解してもらうには

あと50年ぐらいかかるんだろうか

 

うちの掃除機 あと20年ぐらい

余裕で使えると思うけど

私が7キロの掃除機を持ちながら

37段の階段に掃除機をかけるのは

後 20年もムリである

 

やっぱり この家には

昔ながらの箒が一番

軽くて丈夫 性能も最高

音も静かだし

 

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村