まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

隅っこ生活

長身の人用建築および家具に

全く不向きな私は

(こんな感じで

こじんまり が快適 - まだまだ続くよドイツ暮らし)

上の階で こじんまり生活を楽しんでいたが

暖房が何故かあまりきかない

 

それで再び 暖を求めて下りてきたが

キッチンがそれ以上に寒い

それは このチェストが暖房の前に

置かれていたから

f:id:himbeere:20181125162059j:image

なぜ そんなところに置かれていたかと言うと

夫がそこに置くのが スペースを最大限に

活用するのにベストだと言い張るからだ

ゲルマン民族は寒さに強い

 

しかし私は 年々寒さが身に染みる

夫のいない間に 動かした

見かけによらず すごく重くて

ほんの数メートル押したり引いたりしただけで

まさかの筋肉痛

 

でもその甲斐あって 暖房の横

しかも 大好きな隅っこ その上窓際に

私専用のスペースが作れた

このカフェテーブルは高さを調整できるから

私に合わせて低め

私は 通りに背を向けて座っている

暗い性格だ

f:id:himbeere:20181125163112j:image

暖房の上の台は ネコ用スペース

私専用のつもりだったけど

暖かい隅っこは みんな好きらしく

今や 食事も3人でここで摂っている

 

f:id:himbeere:20181125163509j:image

手前のテーブルに水など置いて

ビュッフェ形式にしている

このテーブルも 夫の「スペースを

最大限に」の意向で縦向きだったが

横向きにしたら ここのスペースが

2分割され 大好きな こじんまり感が!

テーブルと平行にチェストがあって

かなり こじんまり。 嬉しい

10年も 夫の言うことに疑問を持たず

落ち着かない空間にいたことが悔やまれる

 

日本人の友達にも もちろん

今の方が断然いい と言ってもらっている

 

嬉しさのあまり 早起きして ここに座って

読書などしてしまった

もちろん 今 これを書いているのもここ

すると なんとなんとなんと

ドイツの冬もいいもんだ

と思えた私がいた。

多分 その気持ちが長続きすることはないだろう

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村