まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

日独の学校旅行

今日 月曜日から金曜日まで

息子は学校の旅行に出かけた。

次女も5年生の時 同じ場所へ行った

このギムナジウムでは 入学早々にこの

行事がある。

(ドイツでは 小学校は4年生でおしまい)

 

ここから バスで1時間半ほどの場所で

ユースホステルに泊まる

費用は 4泊5日でバスをチャーターし、

ドイツ風のシンプルな物とはいえ3食付き

それで170ユーロ(約22000円)

かなり お得だよね

もしかしたら 市かどっかから補助があるのかな

 

持ち物は やっぱりか。。の

シーツ、ベッドカバー、タオル持参

初日から当然 少々の雨でも 連日

森へ行くので それ用の靴とジャケット

勉強もするので 勉強の用意などなど

 

結構な荷物だけど 注意書きに

子供が自分で 階段を上がって部屋に

運べること と書いてある

 

日本のような 冊子などないので

詳しいスケジュールは分からないが

保護者会の時に この旅行に関する説明を受けた

 

担任は とっても楽しい女性の先生で

お世話をしてくれる お兄さん、お姉さんも

一緒に行く

(よかったら 詳細はこちらで

ゆるっと保護者会 - まだまだ続くよドイツ暮らし )

 

担任が子供達に もしホームシックになったら

彼女と一緒に寝る と言ったそうで

息子をはじめ 子供たちは 「えー それはヤダ。

ホームシックにならないよう 頑張ろう」

と心に誓ったらしい

この先生、本当に素晴らしい

 

しかし 担任は なぜか途中で帰り

他の先生と入れ替わることになっている

 

なかなか タフなドイツの学校旅行

これは 私は経験しておいたらいいな と思う

 

なぜなら 日本にいる次女は

修学旅行に一緒に連れて行って

もらったのだけど 二泊三日の旅行で

新幹線に乗るから 混雑を避けるために

荷物は宅急便で送られ、すごく立派で

それ自体が思い出の品になる 旅行の冊子を

頂き 「ホテルは ドイツの学校の旅行のと

ぜんっぜん違ってた。すっごい良かった。

楽しかったー」と有り難みが身に染みた模様

 

4泊5日の息子の旅行の3倍近くの費用が

かかったけど 両方の学校旅行を経験できて

本当によかったと思う

 

息子は連日森歩き、次女は温泉にも行った

ご飯も美味しかったらしい

学校旅行で 既に 日独の文化の違いが

こんなに色濃く表れてるんだね

 

日本へ出張に行って 次女と再会した夫が

次女から預かってきた旅行のお土産

f:id:himbeere:20181112180232j:image

ほうじ茶と

ほっこり 美味しいわー

 

息子のお土産は何かな

小石かどんぐりかな

それもまた楽しみ

(幼稚園の時 落ちてた犬の歯を持ち帰って

言葉を失った私だったけど)

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村