まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

木を引っこ抜ける気がする

ドイツ語の慣用表現に

「私は木を引っこ抜ける気がする」

というのがある

私は そんな気は 一度もしたことないけど

木を引っこ抜けそうなぐらい

ものすごい元気、という意味だ

しかも 木は複数形

 

「ちょっと この表現 すごくないですか?」

と夫に言うと 「周りに木しかない生活で

他にどう例えるんだ?」と逆に質問され

ドイツ人 気の毒だなあ と思った

なんせ結婚披露宴でも 伝統的なのは

新郎新婦二人でノコギリで

丸太を切ってるもんね

 

でも最近出席した結婚披露宴では

日本と同じくウェディングケーキの

カットと食べさせ合いっこだけだったから

この風習は すたれつつあるのかな

 

いずれにしても ドイツ人って 豪快

木をどりゃーっと引っこ抜いてる姿は

想像に難くない

 

ある日 夫がレストランで注文した料理

f:id:himbeere:20180913011159j:image

これは 代表的なドイツ料理

アイスバイン 豚のすね肉

 

夫は時々 注文する

そして こんな風に ナイフを突き刺して

出てくることも多い

 

これ食べて元気モリモリ

木の1本や2本 簡単に引き抜けそうだ

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村