まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

実家があるうちに

長女は週に2回ぐらい うちにやって来て

食事をしていく

彼女が帰った後 夫と

あの二人どのくらい続くかな?

そんなに長くないかもね

まあ いつ帰って来ても 寝るとこはあるし

なんて話をした

 

私の若い頃は 同棲なんて

有り得なかったなあ 

でも 考えようによっては

一緒に暮らしたいなら 結婚してから

というのは すごく危険な気もする

 

暮らしてみて初めて アレ?ということが

あるかもしれないけど

ドイツは 日本より遥かに 離婚するのが

大変だ。結婚してからのアレ?では困る

だから私は 一緒に暮らしたいなら結婚してから

よりは 一緒に住みたければ 住んでみれば?

という考えだ。

もちろん それは実家というものがある

子供がいない という大前提での話だが

 

私の両親は既に他界しているので

実家はない だから 夫と喧嘩して

「実家に帰らせてもらいます」ということは

できない

 

もっとも ハーグ条約のお陰で

子供を連れて 出国しようとすると

父親の同意書を求められることが

あるようだ

 

勝手に子供と出国すると

最悪 誘拐犯として 逮捕されるかもしれない

なので どのみち

「実家に帰らせていただきます」は

できないのだけど

 

 

 

北海道出身の日本人仲間の実家は

みんな無事ということで

ひとまず安心はしたけれど

行方不明の方もおられ。。。

まだまだ余震も続くだろうし

ほんとうに なぜ。。。

という思いです

 

どうか これ以上の被害が出ませんように