まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

猛暑短縮授業 今日で終了

今週月曜日から 私の暮らす州では

新学期が始まっている

そして 猛暑のため 初日から

短縮授業になっている

冷房がないので 無理もない

 

時間割はこんな感じ

f:id:himbeere:20180809163637j:image

50分授業が35分授業へと大胆に短縮

うちの子供達の学校は 基本13:00で

おしまいだが 11年生(高2)あたりから

週に1-2度 午後授業がある

それでも 次女は 一旦家に帰って

昼食をとってから また学校へ行く

 

この時間割では 昼食時間もカットされ

詰めに詰めて14:00で終わるところが

ドイツらしい

 

昨日未明の 嵐の後 すっかり

晩夏ぽくなってきて 朝 9時半の気温は21度

猛暑のための短縮授業は今日でおしまい

 

次女と息子は 一緒に学校へ行っているのだが

今朝 学校に着いた頃 次女から メッセージが

「弟クン やっぱりスポーツの用意必要」と

はぁーーーーー

 

元々の時間割に スポーツがあるのだが

猛暑短縮授業中は スポーツは中止と

書いてあり 担任がどう言ったのか

分からないが 息子は スポーツの用意は

要らない、とあえて 置いて行った

 

ドイツの学校は廊下側に窓はなく、ドアも

普通のドアで 外から一切見えない

授業中に忘れ物などで 保護者が

ドアをノックすることは許されない

 

それで 休み時間 ちょっと前に着くように

行ったら 既に 事務員の人が

私のような新入生の親が間違っても

授業を中断しないように

保護者を見つけては 注意している

 

息子の時間割には この時間

部屋番号010と書いてある

それで その部屋の前で待った

 

終わって覗いて見ると

いない?! 近くにいた子に聞くと

クラスが違う

息子は 時間割を写し間違えたのか?

今日はまだ 特別に 自分のクラスか?

と彼のクラスに行くと 既に鍵がかかっている

(ドイツの学校では 担任が教師の鍵を

持っていて 責任を持って 一々

鍵をかける)

 

そうこうするうちに 休憩時間の5分が

終わってしまった

息子よ お母さんは できることはしたからね

35分だけだ 耐えてくれ

これを機に 忘れ物をしないように

気をつけて欲しい

 

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村