まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

何重にも買い物をする仕組みのドイツのスーパー

ドイツ人って 商売っ気がないなあ、と

よく思うけれど

スーパーマーケットはなかなかやる

 

例えばこれ

f:id:himbeere:20180803044206j:image

Rewe のだが ちょくちょく行われる

ポイントシステム

ある一定期間 普段 この店では

売っていない WMF など名の知れた

ちょっとお高いメーカーの商品を

かなり安く買える というもの

 

これらの商品を 安く買うために

この店で買い物をして シールを貰い

カタログ台帳がいっぱいになって初めて 買える

 

通常のポイントシステムなら 

次回買い物をする時 割引き とかだが

これは この期間内に ポイントを貯めなければ

全て水の泡で しかも プレゼントが貰える

のではなく あくまでも 買い物をしなければ

目指す商品は手に入らないのだ

何重にも買い物をさせる仕組みだ

 

私は 日本のスーパーで

このようなシステムに遭遇したことは

ないのだが 今時は どこでもやっているのかな

 

そして当然 このイベントの年間予定など

知らされないので 消費者としては

この回を逃してはいけない

などど思ってしまう

 

そんな マーケティングの戦略に

見事に乗っかり 今回 買ったのは

タッパー ウェア社のこちら

f:id:himbeere:20180803050943j:image

メーカーは様々だが この形のは

ドイツ人家庭には 必ずある

と言っていい

 

簡単なサンドイッチや

生のニンジンなどの野菜、 おやつ を入れて

学校やドライブに持って行く

使い捨ての容器は 滅多に使わないし

あまり売っていない

 

もう1つのスーパーEDEKA では

f:id:himbeere:20180803052449j:image

小さ目のガラスの保存容器3つセットを

既に先週買った

 

私は 保存容器は断然ガラス派なんだけど

普通に買ったら 高いので

こういう機会に買っている

 

夫に至っては スーツケースを

他のスーパーのこのシステムで購入した

 

ただ やはりドイツなので

レジの人によって こちらから言わないと

くれない時もあるし 気前よく多目に

くれる人もいる

 

子供達が買い物に行く時

もし レジの人がシールくれなかったら

下さいって言ってね と頼むと

そんなの恥ずかしいから

絶対にイヤだという

 

恥ずかしい??

オバさんには これの何が恥ずかしいのか

もはや意味不明でさえあり 

そんな自分が恐ろしくもある

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村