まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

フジりんごは 子供向け ?

私がドイツで すごく気に入っているのは

オーガニック食品が 簡単に手に入ることだ

とは言え 肉や果物は

本物のオーガニックはやはり高く

全て というわけにはいかない

それでも手が届く物も多い

 

本物の オーガニックとは 例えば

からしてオーガニック

あと まあまあオーガニック というのも

たくさんあって それは価格もまあまあで

まあまあオーガニックマークが記されている

 

私の暮らす街には オーガニック専門店が

3つもある。

人口に対して店が多過ぎ、とも言える

これは お金持ちの隣国ルクセンブルク

住人が 物価の安いドイツに買い物に

やって来るためだ

 

国境の街というのは こんな風に

今も昔も変わらず 賑わうものなんだろう

個人的には ルクセンブルクから

魚があまりやって来ないのが 本当に残念だ

 

オーガニック専門店には

まあまあオーガニックはない

まあまあオーガニックマークのついた

中国産しょうが とか はないのである

(注: 私が勝手に ほんとに?!と思ってる

だけです)

 

さて そんなオーガニック専門的に

昨日 りんごを買いに行った

f:id:himbeere:20180715181439j:image

何種類もあるが これが欲しかった

f:id:himbeere:20180715181520j:image

Fuji アルゼンチン産だ

どのりんごも クラス2 で 1キロ 4.99 ユーロ

日本円で650 円 ぐらい

スーパーで 地元のりんごなら

底値は 1.99ユーロかな (約260 円)

それを思うと 高い めちゃくちゃ高い

 

でも やっぱり 1.99ユーロのとは

ぜんっぜん 違う

夫も 高くても これを買ってくれ

という

 

値札のところに りんごの形をした

ポップがついている

「とっても甘い 子供向けりんご

酸味少なし」

。。。なるほど

 

でも私が 底値のりんごと全く違う

と思うのは シャキッとした歯ごたえだ

どういうのかなあ

日本らしい シャキッと感

 

レジで並んでいると

私の前の女性が 支払い終わったばかりの

人参をいきなりかじって 食べ始めた

お腹が空いてたのか

すごいなあ

 

彼女自身がなんだかオーガニックだ

 

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村