まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

ノイシュバンシュタイン城 チケットは裏も読みましょう

(前回の続き)

ノイシュバンシュタイン城の当日券を

買いに 朝 6時過ぎに家を出た夫は

結構 空いていたと言って

10時過ぎに帰って来た。

みんなで おおすごいと喜んだ

 

13:30 入城なので 13 時には

着かなければならない。

そのために 11:30 に家を出る

と言われ 各自 出発まで

自由時間を楽しんだ

この時 私達全員が 夫の時間の見積りが

楽観的過ぎる ということを

またもや すっかり忘れていた。

 

わざわざ国境を超えて オーストリア

滞在してるのに なんやかんやで

連日 車を出して ドイツに戻っている

最初に 義理母の行きたい所を

聞いておくべきでしたねー

 

f:id:himbeere:20180706035506j:plain

 

速っ!

( 長距離の時 車はレンタルです😆)


これは めちゃくちゃ速くすれば

ギリギリ間に合う という

いつもの彼の計算に違いない


夫の運転の時 子供達と私は

酔い止めが必須なんだけど

義理母は大丈夫みたい

すごいなー


ピッタリ13:00 に到着

けど ノイシュバンシュタイン城

遠っ ! しかも 結構な坂道

お城って 普通 山の中にあるのも

すっかり忘れてた


行き方は 3 通り

歩くか バスかコレ

f:id:himbeere:20180706041436j:plain


ものすごく並んでいる上に

歩行者に抜かれている

バス停に行ってみると

さらにすごい行列

歩くしかない。。。

この時点で 10分もロス


夫は義理母と 私は子供達と

汗だくで全力で歩いたけど

間に合わず 。

すがる思いで インフォメーションに行くと

空いてる時間があったら変えるから

全員揃ったら来て と言われた

ドイツのこういうとこ 大好き


次女が 「パパ 朝ここ来たんだよね?

それに コレ見て」と 夫に配布された

チケットの裏を見せた


f:id:himbeere:20180706043300j:plain


お城まで 1.5 キロの坂道って書いてある

私も裏は 全く見てなかった


しばらくして 義理母と夫が到着

もうすぐ80歳のおばあちゃん

すごいねー ヤッタネ って言ったら

40 年前に来た時は 簡単に

歩けたんだけどねーって


30 分後 無事に入れて本当によかった

「今日はもう無理だから

明日来て」とか平気で言うのも

またドイツ人なので

ラッキーでした  

本当に