まだまだ続くよドイツ暮らし

3人の子供たちの子育てを通して ドイツで幼稚園から大学まで一通り経験した上で、やっぱり日本はいいなぁと思う関西のおばちゃんの日記です。お付き合い頂けると嬉しいです。夫はドイツ人。

三行日記とファミリーカレンダー型手帳

いや本当に ネットで個々人の画面に

現れる宣伝など ちゃんとその人に

合っていて感心する

YouTube もそう。さりげなく推薦サイトが

同じ画面に出ている

 

それで 前回に続き今頃?と思われるだろうけど

小林弘幸先生の自律神経に関する話の

サイトに辿り着いた。

 

珍しく時差なしで読んだ

「血流がすべて解決する」の更に大元

というか とにかく なるほど ということが多く

思わずメモをとった

 

ストレスについて、「解決策まで

分かっていると それほどストレスに感じない。

アバウトで考えているとストレスになる。

物事がクリアーになっていない

グレーな状態がいけない」

 

確かに〜

 

それで先生は毎日 三行日記を書くことを

勧めている。今日1日を検証して

嫌だったことを一行、よかったことを一行、

明日の目標を一行の合計三行

目標と言っても本当に小さなことでいいらしい

 

静かに夜、 1日を振り返ってクリアーにして

グレーゾーンをなくすことが

自律神経の安定=呼吸を安定させ

よい眠りとよい目覚めにつながるんだって

人は1日を整理できるとホッとするんだって

 

へーーー

 

んで 人はイヤなことは 振り返りたくないけど

それを繰り返していると

ボディーブローのように じわじわやられる

敢えて書き出すことによって

30パーセントぐらいまで軽減するらしい

 

やってみる価値あるかも。三行日記

 

という訳で 気持ちが上がるように

ノートを買いに。

 

すると今年の手帳類が大幅値下げになっていた

これに決めた

f:id:himbeere:20190121041553j:image

ファミリーカレンダーの手帳版

5人分の予定が書ける

f:id:himbeere:20190121041740j:image

壁には うちもファミリーカレンダーを貼って

みんなの予定を書いている

 

なので このスケジュール帳には

左端に私のその日の細かい予定

次の欄は 次買い物に行った時買いたい物や

掃除したいとこなど 思い着いたこと。

その次は 1週間の献立予定

(当日 気が変わることがすごく多いけど)

次は その日使ったお金

最後の欄に三行日記

 

この手帳のすごくいいところは

リングで閉じてあるから

ずーっと開きっぱなしにできることだ

これなら 思い着いた時にメモが書ける

 

まだ始めて 1週間足らずだけど

すごく気に入っている

ブログと同じぐらい続くかな

 

今朝7時45分頃  月の入り

これってスーパームーンだったのかい?

確かにデカかった

日の出は8時18分だって

f:id:himbeere:20190121155427j:image

気温は マイナス6度

でも快晴らしい

寒くても太陽が出るなら嬉しい

寒い日 空きれいだもんね

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本との時差は3年ぐらいー今頃知った「茅乃舎だし」

昨日、日本でのかつての同僚から

郵便が届いた

いつも すごくセンスがよくて

ドイツではぜーーったいに手に入らない物を

送ってくれる 素晴らしい人

f:id:himbeere:20190121011718j:image

私は全く知らなかった 茅乃舎さんのお出汁

しかもレシピの書かれた冊子も付いている

熟読。さらに ネットで色々検索し

ただならぬお出汁だと知る

 

今日 早速使ってみた

お、美味しい。本当に

春にやっと短期帰国できそうなので

これは絶対に買って帰ろう

 

もう一つ きっと「今頃知ったの?」

と言われるであろう 「三行日記」というのを

偶然、今頃知った

もうね 日本との時差は3年ぐらいと感じる

 

三行日記について書き始めると

思いの他長くなりそうだったので

一旦 ここまでで。。。

 

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

やっぱりお粥の長女と日本で元気になった次女

今朝 近くに暮らす長女から電話がかかって来て

ちょっと体調が悪いから そっち行くね と。

お腹の調子が悪いのと貧血気味で

お医者さんに診てもらったところ

冷えから来ているようで

3日ぐらい安静にしていれば治るとのこと

 

「お粥でも食べる?」ときくと

「うん♪」と 本当に弾んだ返事

そうそう こういう時は お粥よね

梅干しがなかったのが残念だけど。

塩だけのシンプルなお粥

チキンスープとか ジャガイモのピュレー

なんかじゃなくて お粥よねー

 

数年前 私はバリ島で食中毒になってしまった

その時 ホテルの人が 現地のお米で

シンプルなお粥を作ってくれた

思いがけず出てきたお粥は美味しくて 

お腹も心も ほっこり癒された

やっぱりアジアはいいなぁ と心底思った

 

長女に昼食は何がいいかきくと「お粥」と。

よかった 彼女も胃は日本的だ

と何故か安心

 

そんな時 日本で暮らす次女から電話

元気そうな声

そう言えば 偏頭痛はどうなんだろう?

義理母家系から夫、次女へと

脈々と受け継がれている偏頭痛

 

「日本に来てから 2回なったけど

ドイツにいた時より全然いい」らしい

 

「体重もちょっと増えて 全体的に

元気になった気がする」らしい

本人曰く 「忙しくてよく動いているからかな?」

あと私が思うのは 海が割と近いから

それもあるんじゃないかな

 

以前 ルクセンブルクでバリバリ働いた後

老後は南仏に引っ越した男性が

潮風はやっぱり身体にいい と言っていた

 

とにかく彼女は よく動きよく食べ

忙しく過ごしていて 自分でも

それが気に入っている模様

活動しているって実感があるみたい

 

今日は 青空が見えた

本当は こんなに青くはなかったけれど

f:id:himbeere:20190119005000j:image

飛行機を見るたびに

日本に帰りたい想いが一層募る

私も潮風にあたりたい

モーゼル川じゃねえ 。。。

元気になるどころか気が滅入る私

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

物欲を捨てたければドイツ暮らしがおススメ

ドイツも セール終盤だ

下がりに下がって本当に安い

少し前に息子の服を買いに行った

彼は フード付きトレーナーで

真ん中に両手を入れれるポケットが

付いていれば オッケーなので簡単だ

買い物は10分ぐらいで終了

 

せっかくだから 自分のも見てみるか

といくつか店を回ったが なーんにも

心を動かされる物がなかった

デパートに至っては

この世にこれほどまでに感動のないデパートが

存在するとは という感じだ

 

そういう目で見るからか お客さん達は

どれもいいなー という感じではなく

安いからなんか買いたい。 どれがマシかな と

消去法で選んでるみたい

 

もしかして トシのせいで 感性が

鈍っているのか 冬季ウツが来たか

とも思ったが ドイツに来て1年ぐらいの

知り合いのコロンビア人女性の言葉を

思い出した

「ドイツに来て 本当に驚いた

欲しい物が ひとつも無くて」

 

物欲を捨てたい人はドイツへぜひ

お越しください

でも数少ない日本並みの大都市は

きっと もっとトキメキくことがあるかも

 

次回 帰国したら ハンドメイドの

本とか材料を買って帰ろう

 

ドイツでは 他人に期待せず

自分の力で何とかするしかないんだよね

それはそれでいいことだ

何しろ 肉マンとか作れるようになったし

 

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの学校で先生が休みの時と猫のその後

 

ドイツの、と言い切ってはいけないか

うちの市内の ぐらいにしておこう

でも多分 どこも似たり寄ったりの気はする

 

小学校で担任が病気などで休んだ時

ひとクラス20人位なんだけど

この子たちは バラバラにされ

1年生から4年生までのクラスに

適当に ばら撒かれる

 

自習プリントなどは 当然ない

行った先の先生が 何か課題を与えてくれるか

とりあえず 一緒に座っている

そんな風に1日が終わる

でも さすがに 長引く場合は 校長先生が

授業をしてくれるなどの措置が取られる

 

ドイツの小学校は4年生で終わり

わずか10歳で どの種類の学校に行くか決める

うちは3人とも ギムナジウムにした

 

で、ギムナジウムで教科担任が休んだ場合

例えば 2時間目の英語の先生がいないとする

でも6時間目の音楽の先生が

その時間、空いていたとする

 

すると 2時間目を音楽に変更し

6時間目、つまり最後の授業はナシ

みんな帰ってよろしい、となる

音楽の先生も多分 帰ってよろしい

 

ちなみに 朝8時前に1時間目が始まり

6時間目は13時に終わる

基本的に授業はそれで終わり

(うちは 月曜から木曜まで

午後、宿題をしたり

色んな活動をするコースに行かせている)

 

何年生かまでは 授業が繰り上げになった時

家に帰っていいか それとも13時まで

学校にいさせて欲しいか

保護者がサインをする

 

うちは13時まで預かって下さい

にサインをした。間違いなく。

なのに ある金曜日、息子が12時過ぎに

帰って来た

 

なんで?! と聞くと

親が「13時まで」とサインした子達が

団結して 事務室に 自分達は大丈夫

帰らせろ みたいな交渉をしたところ

まさかのオーケーが出たらしい

ドイツ人の交渉力は こんな小さな時から

鍛えられる

 

あのサインは何だったのか?

こうなると いつ帰って来るか気になって

出かけられない

 

それでついに 息子に合鍵を作った

これが 意外と大きな出来事だった

なぜなら これである意味 時間の制約が

かなり自由になったから 

大袈裟に言えば 転機かもしれない

子供たちは 大きくなったと実感

 

それで もうひとりの子供、猫なんだけど

前回、無事に戻ってきて メデタシメデタシ

と思っていたら どうやら トラウマに

なったらしく 昨日今日 寝てるか

ボンヤリしてるかで 生気がない

大好きだったボール遊びもしない

 

やっぱり あの寒さの中 一晩の

冒険は彼には大変なことだったんだね

f:id:himbeere:20190112054129j:image

f:id:himbeere:20190112054207j:image

明日はちょっと元気になるといいな

 

うちの猫の初めての家出

うちの猫はオスで2歳5ヶ月

普段は キッチンのドアを通じて

テラスと屋内を行ったり来たりしている

 

とある夏の日

f:id:himbeere:20190110163726j:image

(この向かいの屋根もいつかどうにかしないと)

 

猫用のドアがないので 冬季は

家人がいちいち開け閉めをする

 

夏は夜中までテラスにいることもあるが

冬は大体 夜8時半には中に入り

身づくろいを丁寧に行い 朝6時前頃まで寝る

 

ある日 何を思ったか 壁を乗り越えて

お隣りへ行ってしまった

f:id:himbeere:20190110164317j:image

が、戻って来れず 救出に向かった

 

その後 出て行こう とする気配がなかったので

すっかり安心していた

でも昨日 夜9時になっても

猫がいないことに気づいた

 

懐中電灯で隅々までみてもいないし

彼の大好きな おやつの入った袋を

シャカシャカしても出てこない

 

写真の左側にある そんなに高くない壁 を

伝って 出てっちゃったみたい

外の世界知らないし 多分 気温は0度前後

息子を留守番させ 夫と二人で近所を探した

家猫はそんなに遠くへ行かないらしい

でも見つからず

 

私は夜12時までキッチンで待ったが

帰って来ず 3時、4時、5時、6時と

目覚ましをセットして キッチンと

バスルームの電気をつけて寝た

 

4時に見た時 まだ帰ってなかった

4時半頃 突然 夫がガバっと起き

キッチンを開ける音がした と思ったら

ドドドっと下に降りて行く音がした

そして 一人でしゃべってる

 

もしかして?

夫の腕の中に猫がいた

 

何でも 夢かなんだか 猫を感じて

テラスで ヒュヒュと口笛を吹くと

にゃー 返事が来た

しかもガレージの方から。

見ると猫が玄関の前で座っていた

 

それで急いでドアを開けると走って入って来た

猫は 帰って来れた! と嬉しかったのか

私達にスリスリスリスリ 仰向けに寝転んだり

大興奮。軽い気持ちで出たら

大変なことになっちゃったんだね

 

でも 今回のことで はっきり分かったのは

彼は降りれるけど 上がれない

ということだ

 

玄関に帰って来られると ちょっと困るな

カメラがあるわけじゃないし

呼び鈴鳴らしてくれたら助かるけど

 

本人は ひとしきり興奮した後

ご飯をモリモリ食べ

9時過ぎの今も ぐっすり眠っている

 

これ実話かもね

f:id:himbeere:20190110173148j:image

名作だ

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

パン団子をペルー料理風にアレンジしてみた

昨年のクリスマスから今年の新年にかけて

義理母がうちに滞在していたが 

クリスマス料理用に鹿肉の煮込みと

付け合わせに ゼンメルクヌーデル

(パン団子)など色々 持って来てくれた

 

以前も書いたが 彼女のパン団子は

固くなってしまったパンじゃなくて

わざわざ これ用にパンを買って乾燥させ

手間ひまかけて作られている

パン団子は ハンバーグを挽肉の代わりに

パンで作るといった感じ

パセリも入っている

f:id:himbeere:20190110031837j:image

 

冷凍して持って来てくれたのだが

まだ6個ほど残っていた

 

さて どうやって食べようか

肉の煮込み料理を作るか?

んーー あまり気が進まないなあ

 

おお そうだ 

あの手があったじゃないか

 

私には以前 ペルー人の友達がいた

残念ながら 彼女は離婚し 子供を連れて

ペルーに5、6年前に帰ってしまった

(この時の離婚裁判は本当に大変だった)

 

その彼女の作るペルー料理が

どれもこれも すごく美味しかった

その中に 優しい味のピュレーのような物があり

うろ覚えだが 鶏肉と野菜を煮込んで

鶏肉を小さく小さく手で裂き、そこへ

プレーンビスケットを砕いたのを入れ

ピュレー状にすると。

「ビスケット?!」

「そうよ。ビスケットがなければ

パンでもいいよ」と彼女は言っていた

 

この義理母特性パン団子なら

スープに入れて 細かくすれば

かなりいい線いくんじゃなかろうか?

だってこの中には 玉ねぎや卵

牛乳も入っていて ビスケットに近いと

言えなくもない

 

ドイツ製保温調理鍋で

家にあった野菜 出来るだけたくさんと

冷凍しておいたハンバーグが2つあったので

それも入れて トマトスープを作って

凍ったままのパン団子を2つ投入

しばらく放置

 

パン団子をスプーンで砕いて溶かして味見

予想通り 優しい味になった

これはイケル

 

パン団子は あと4つ残っている

私は ペルー風でいくことに決めた

 

 

 

ランキングに参加しています

よかったらポチっとお願いします


ヨーロッパランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村